第5回の『大稻埕國際藝術節(Tua-Tiu-Tiann International Festival of Arts)』が始まってるみたい

アート

今年のテーマは「狂騒の20代」


大稻埕國際藝術節公式サイト

TTTIFAは、毎年10月に台北のTua-Tiu-Tiann地区で開催され、2015年にこの地域の起業家と組織の合弁会社、Bookstore 1920年代、Thinkers ‘Theater、Chiang Wei-shui Cultural Foundationによって開催されました。TTTIFAの使命は、学際的な仕事と異文化間の協力を取り入れた革新的な芸術公演を開催することです。そうすることで、TTTIFAは台湾と国際的なアーティストが一緒に働くためのプラットフォームを育てることを目指しています。

イベントの冊子をいま人気沸騰中の迪化街の永楽市場の向かいあたりで配っていました。

この日(10月5日)は、1920年代の衣装を着た女性9名が永安市場前の特設ステージでダンスを披露するイベントが行われてました。

やはり迪化街ってレトロな衣装がハマりますよね。

10月20日の13時には「タイムマシンシアター-1920年代コスチュームパレード」というイベントが開かれるらしいので参加してなりきってみるのも面白そうですね。

詳しくはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました